スポンサードリンク

写真 結婚式



フォトウエディングと言うと、どんなイメージをお持ちですか?でき婚やお金のない若いカップルが、結婚式はできないけど記念に写真だけでもと撮る場合もあります。それだけではなく、昔結婚式を挙げられなかった方や、熟年のカップル、籍は入れなくても写真だけなどいろいろなタイプがあります。

写真だけの結婚式」には、結婚式と披露宴は親類縁者だけで行い、ウエディング写真だけを他の方々に披露する方法もありますし、結婚式も含めて写真だけで行うというものもあります。式を挙げていないか予定していないけれども写真だけ残したい、または式を挙げないけれども結婚したという記念を残したい、などいろいろな希望があるようです。写真だけの結婚式は、もちろん結婚式・披露宴を行うより費用もかかりません。結婚式当日にばたばたと撮影する必要もないので、じっくりと「結婚式の写真」を残すことができます。

結婚式を挙げるのではないので、自分たちの希望を話し合いながら、じっくりと考えた上でどんな結婚写真にしようかと考えることもできるわけです。たとえばシチュエーションによってロケーションフォトやチャペルフォト、和装フォトなどの結婚写真を撮ることもできます。写真だけの結婚式は、結婚式の多様化の中でもかなりの人気を得てきています。ヴァーチャルな結婚式も写真を撮ることによって行えますので人気も高まってきているようです。結婚式・披露宴の形式だけにこだわることよりも、本人たちの想いを大切に残していくことも必要でしょう。

結婚式も昔ほど格式ばった物ではなくなり、今ではいろいろな考え方があります。それが、それぞれのカップルの数だけ結婚式があるといわれる所以なのです。写真だけの結婚式であろうとなかろうと、お互いが助け合って家庭を作っていくことには変わりはありません。思い出に残るフォトウエディングを、あなたも残されてはいかがですか。




posted by マナー教室管理部 at 12:59 | 結婚式

スポンサードリンク

ハワイ 結婚式



ハワイウエディングは、グアムやサイパンなどの海外結婚式の中でも人気が高い結婚式です。日本人のハワイ挙式は、6月、10月が多く、9割近くがオアフ島でのウエディングが占めています。ハワイは現在では非常に身近な海外になっていますし、費用的にも比較的安価になっていることが人気の秘密でもあります。

ハワイで結婚式を挙げるには、プロデュース会社に手配を頼むことが多いようです。挙式日や教会選び、出発日、旅行期間、宿泊ホテルなどさまざまな手配が必要になります。旅行会社、ドレス会社、挙式の専門プロデュース会社などがハワイウエディングのプロデュースをしています。挙式にかかる費用は、できるだけ安いほうが良いでしょうが、ハワイウエディングは相場に値崩れはありません。極端に安いパッケージ商品は、せっかくの結婚式なので避けたほうがいいかもしれません。

ハワイでの結婚式では、カイマナビーチに面したレストラン「ミッシェル」内にあるチャペルでのハワイ結婚式が人気です。ハワイの潮風や波の音が心地よく響いてきて雰囲気が楽しめますし、こだわりのコーディネートウエディングが実現できます。挙式後のパーティもでき、ワイキキビーチの波の音をBGMとしたリッチなハワイの結婚式になるでしょう。また、ハワイでの結婚式ではノースショアのタートルベイリゾートでのシーサイドチャペルでの挙式は、ワイキキよりも間違いなくリゾート気分が味わえます。ノースショアはサーフィンの聖地として有名なので、ワイキキよりリゾート気分を味わえるようです。

日本人の多いオアフ島を避け、ゆったりとマウイでの結婚式や海が見える教会でのハワイ島ウエディングもお勧めです。最近は、結婚記念日や金婚式などメモリアルウエディングも増えています。ふたりだけの結婚式、高齢のカップルなどそれぞれの思い出に残るハワイウエディングを挙げられてはいかがでしょうか。


posted by マナー教室管理部 at 20:21 | 結婚式

スポンサードリンク

結婚式 2次会 余興



結婚式の2次会は、披露宴の列席者や披露宴に招待できなかった友人や同僚も参加します。結婚式当日に2次会を行う場合は、引き出物などを持って移動することも考え、披露宴会場からあまり距離が離れないほうが良いでしょう。2次会から参加する人にも、アクセスの良いところを選びましょう。結婚式の2次会のポイントは、幹事を誰にお願いするかが大切です。新郎新婦の2次会への希望や連絡などがきちんと伝わるように、連絡がつきやすく面倒見のいい人にお願いしましょう。幹事さんと、司会や受付などを誰にお願いするかなどの打ち合わせも必要です。

また、結婚式の2次会ですから、始まりと終わりは厳かに行うことが大切でしょう。ウエルカムドリンクで結婚式の2次会の参加者を迎えると、フォーマルなスタイルでスタートできます。「結婚式の報告をして、乾杯」で始まり、最後は「今後とも2人をよろしくお願いします」ときちんと締めくくる様にしましょう。結婚式の2次会は会費制で行うことが多く、キャンセルや欠席も考えたうえで会費を決めることが大事になります。ドリンクなどで予算内に収まらないケースも多いので、できるだけフリードリンク制などを選択すべきです。

結婚式の2次会の余興にもいろいろなものがあり、最近では芸人さんを呼ぶようなこともあります。2次会の人数が多い場合は、話もできなかったというような場合もあり得ますので注意が必要です。カラオケなどはできるだけ避けて、極力みんなが参加できるような余興を考えるようにした方が良いかもしれません。結婚式の2次会ですから、みんなが楽しめてみんなで新郎新婦の新しいスタートを和気あいあいと祝いたいものです。結婚式の2次会は、新郎新婦の大切な思い出になるように参加者全員で楽しく盛り上げましょう。


posted by マナー教室管理部 at 18:34 | 結婚式
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。