スポンサードリンク

結婚式 招待状 注意点



結婚式の招待状の注意点として、まず招待客を選ぶことから始まります。結婚式の招待客は、両家のバランスを取るのが基本になりますが、新郎側が若干多くなっても可です。また、招待客の選択は必ず双方の両親の意見も聞いて下さい、

結婚式の招待状は、一般に挙式の2ヵ月以上前までに発送し、3週間前までに返事を頂くようにします。結婚式の場合、挙式する側も招待される側にも準備が必要だからです。結婚式場の多くの会場は、印刷会社と提携を結び招待状を受注しているので、挙式側が招待客リストを提出すれば式場が手配をしてくれます。招待状は結婚式場のサンプルの中から選ぶこともできますし、筆耕料を払えば、宛名の代筆もしてもらえます。

媒酌人・主賓・会社の上司・恩師などには、郵送ではなく、招待状を手渡すのがマナーとなります。招待状を手渡すことができない場合は、事前に手紙か電話などで概要を伝えておきましょう。祝辞を頂く場合には事前に了解を頂き、驚かせることがないように注意することです。スピーチや余興などの依頼がある場合は、きちんと伝えておくか、招待状にお願いの旨を書いたメッセージを入れておきましょう。

結婚式の招待状の差出人は、双方の両親の連名とするのが一般的ですが、最近では新郎新婦との連名も増えてきています。
また結婚式の招待状には、「終止符が打たれない」という縁起を担いで句読点を使わないようにします。区切りが必要な場合は、「空白」を使いましょう。文例などは各種サイトに載っていますので、確認してみてください。

招待状のセット内容(招待状本状・返信用ハガキ(慶事用50円切手貼ります)・式場案内図・封筒)もきちんと確認しましょう。招待状は白か、白に金縁の厚手の用紙を使い、封筒は白の厚手の角封筒、寿のシールで封をします。宛名を自分で書く場合は、毛筆で濃くかすれないように書きましょう。最近は黒のサインペンでもかまわないようですが、かすれていたりすると、縁起が悪いという方もおられるので気をつけましょう。




posted by マナー教室管理部 at 13:13 | 結婚式
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。