スポンサードリンク

新婚旅行 オーストラリア



新婚旅行は一生に一度の思い出として、長期休暇などをとってオーストラリアを選ぶカップルも増えています。オーストラリアは、熱帯から砂漠まで様々な気候帯があり、南半球なので日本とは季節が逆になります。時差は30分〜1時間程度しかないため時差ぼけすることもなく、オーストラリアに人気が集まる一因かもしれません。

新婚旅行先をオーストラリアに決めたら、まずは旅行へ行く時期と目的地の気候を調べましょう。日本の22倍の広さを誇ると言われる、広いオーストラリアはエリアごとに気候が異なります。 例えば、シドニーは11月〜2月の夏が、ケアンズは雨が少ない9月〜11月がベストシーズンとなります。

オーストラリアに行ったなら、ケアンズの世界最大の珊瑚礁、世界遺産グレートバリアリーフで ダイビングやシュノーケリングは、是非楽しみたいですよね。そして、アボリジニーの聖地である、高さ350メートル、周囲約10Kmの世界最大の一枚岩エアーズロック。エアーズロックに沈む夕陽を実際にその目で見る、これほどの感動はないと思いますよ。その他にも砂漠の墓標ピナクルズなど、大自然がオーストラリアの魅力です。新婚旅行で訪れるなら、この大自然を満喫する時間も十分取りたいところです。

それから、オーストラリアと言えば 可愛らしいコアラとカンガルーですね。他にもハリモグラ、カモノハシ、フクログマ、エミューなど、オーストラリアでしか見られない動物もいます。ブリスベンのローンパインコアラ保護区でのコアラを抱っこした写真撮影など、現地の動物との交流もなかなかお勧めですよ。ニューサウスウェールズ州では禁止されていますから、コアラとの記念写真は貴重なお土産になるはずです。シドニーでは、世界遺産のオペラハウスや世界3大美港の1つに数えられる美しい港街を堪能することができます。大自然と大都会の両方を楽しむことができる魅力的な地オーストラリアは、新婚旅行を一生の宝物にしてくれるでしょう。




posted by マナー教室管理部 at 15:29 | 新婚旅行

スポンサードリンク

新婚旅行 ハワイ



新婚旅行の人気NO.1と言えば、なんといってもハワイです。年間平均気温25℃前後と、1年を通して過ごしやすいハワイは、ゆっくりとハネムーンを過ごしたいカップルには今も昔も人気の地です。アメリカ合衆国ハワイ州は、ハワイ島、マウイ島、カホラヴェ島、ラナイ島、モロカイ島、オアフ島、カウアイ島、ニイハウ島ほか120もの島々を含みハワイ諸島と呼ばれます。日本でハワイと言う場合、一般にはオアフ島のことを指しています。ハワイまでの行程は、日本から飛行機で7時間程で、時差は19時間遅れです。

ハワイの魅力は、青くて広い美しい海と、緑豊かな渓谷、そして火山などの神秘的な風景。観光地でありながら、大自然を満喫できる島でもあります。 なにより新婚旅行がはじめての海外旅行でも、日本語が通じるので安心です。 美しい海ではダイビングを体験したり、 ジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しむことができます。また、海を眺めながらゴルフをしたりと、ハワイの自然を満喫しながら充実した時間を過ごすことができます。新婚旅行でホノルルマラソンに参加するという、アクティブなカップルもいるようです。

ハワイに新婚旅行に行ったなら、もう一つの楽しみにショッピングがあります。ハワイは世界の一流ブランドショップや、 大型ショッピングモールがひしめいています。中でもアラモアナ・センターには、ショップ230、飲食店50と見て歩くだけでも楽しめます。ハワイの雑貨なども品数豊富で、可愛いものが多く、ハワイでのショッピングは本当に充実していて、お土産選びも楽しくなりますよ。

また、新婚旅行だから、ちょっと贅沢して高級リゾートホテルに泊まるのもいいのですが、逆にコンドミニアムを選んで、自炊したりしながら過ごすのも楽しいものです。ハワイには「隠れ家」的なリゾートホテルもあって人気があります。 本場のロコモコや、ハワイでしか飲めないビールやトロピカル味のカクテルを味わってみるのもいいですよ。義務付けられている電子渡航認証システム(ESTA)の登録は、インターネットで必ず事前承認を受けることを忘れないでくださいね。


posted by マナー教室管理部 at 16:45 | 新婚旅行

スポンサードリンク

新婚旅行 タヒチ



ゴーギャンが、こよなく愛した最後の楽園タヒチは、ハネムーンの聖地として有名な島です。「フランス領ポリネシア」がタヒチの正式名称です。タヒチは、118個の南太平洋にある島々から構成されています。新婚旅行の人気地であるタヒチは、年間平均気温25℃と、1年を通して温暖な気候に恵まれています。ビーチの木陰で何もしない贅沢な時間を、どこまでも続く透き通るような海が彩ってくれます。

新婚旅行でタヒチを訪れたら、ホテルではなくラグーンの上に建つ水上ヴィラやバンガローでの宿泊がお勧めです。鮮やかなエメラルドグリーンの海と素朴な空気、地上最後の楽園を十分に堪能できます。 フランス領であるタヒチは、どこかフランスの香りが漂うビーチリゾートです。 中でも観光地としても人気なのは「ポリネシアの真珠」ともたとえられるボラボラ島です。オテマヌ山が神々しく聳え立つボラボラ島の海の美しさは、まさに絶景としか言いようがありません。空の色を映して海は青く輝き、 その海の青さを映して雲がグリーンに染まる、まさに楽園と呼ばれる所以はここにあるのでしょう。切り立った山々の渓谷美とラグーンが美しいモーレア島では、イルカと触れ合うこともできます。

タヒチでの新婚旅行は、できることなら贅沢にのんびり過ごしたい時間です。海を見ながらトロピカルカクテルで乾杯、夜はちょっとおしゃれにフランス料理、 まさに夢のハネムーンが実現することでしょう。タヒチでの新婚旅行をアクティブに過ごすなら、シュノーケリングやダイビング、 ウィンドサーフィン、セーリングなど、 やはりマリンスポーツを美しい海で体験しておきたいですね。 シャーク・フィーディング(サメの餌づけ)をすることもできます。ランギロア島やイースター島もタヒチの人気スポットです。タヒチのリゾートは新婚旅行代金も高めですが、お金を出すだけの価値があると思える極上リゾートです。豊かな自然あふれるタヒチの魅力で、一生に一度の新婚旅行を彩ってみてはいかがでしょうか。


posted by マナー教室管理部 at 17:48 | 新婚旅行
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。